心のかよう医療・福祉を 患者さま、お客さまへ。私たち善仁会はお客さまに思いやりの心で接する 医療・福祉のプロ集団です

2020年 善仁会研究報告会

善仁会では、各施設が毎年独自の研究テーマに取り組み、その発表の場として年1回「善仁会研究報告会」を開催しています。 2020年の「第42回 善仁会研究報告会」では以下の研究内容が発表されました。

  • 入院患者のQOL 向上を目指して 〜当院栄養部門の課題〜
  • 低栄養透析患者へのNST 介入と多職種協同の意義
  • 病棟の転倒防止に対する医療安全推進委員会の介入効果
  • 手根管症候群早期発見への取り組み
  • 温度・湿度・気圧センサーを用いた透析室内のモニタリング調査
  • 赤外線アレイセンサを用いたサーモグラフィ製作と熱による透析環境の調査
  • 外来透析クリニックでの地域包括ケアにおけるリハビリの取り組みとその効果
    透析クリニックとリハビリ特化型デイサービスの情報共有 連携による運動療法実施が効果的であった1 症例
  • 善仁会グループ透析患者情報のまとめ
  • 地域包括ケアと多職種連携によるフットケアの実践
    透析クリニックと訪問看護、居宅ケアマネとの情報共有、連携が効果的であった症例
  • 透析中止の意思決定をした壮年期の患者へのかかわり
  • 血液透析患者における残薬についての検討
  • 施設内通貨で健康増進 〜バルがもたらす元気の循環〜
  • 自立支援によるADL の維持・向上 〜1 年後の温泉旅行を目指して〜
  • 誤薬ゼロを目指す取り組み 〜ポケットファイルを用いた配薬管理〜
  • 健診における新型コロナウイルス抗体保有率から推定される不顕性感染者数
  • 当施設の乳がん検診の近年の傾向
  • 胃部Ⅹ線検査による胃がんリスク層別化予測の検討
  • 乳がん症例における現状と統計から得られた結果の比較検討
  • 善仁会職員の健診問診票からみるストレスと生活習慣の関連

このページの上部へ



医療法人社団 善仁会 Copyright(c)2004-2009 ZENJINKAI GROUP All rights reserved.