心のかよう医療・福祉を 患者さま、お客さまへ。私たち善仁会はお客さまに思いやりの心で接する 医療・福祉のプロ集団です

2017年 善仁会研究報告会

善仁会では、各施設が毎年独自の研究テーマに取り組み、その発表の場として年1回「善仁会研究報告会」を開催しています。 2017年の「第39回 善仁会研究報告会」では以下の研究内容が発表されました。

  • 高リン血症の治療~併用薬とくにプロトンポンプ阻害薬の影響~
  • 自己抜針事故 再発防止への取り組み
    ~認知症透析患者の気持ちに添った関わりを通して~
  • 血液透析患者の介護老人保健施設入所とその効果
  • 私、こんなに元気になりました
  • お母さんお帰りなさい。6 年ぶりの我が家 ~在宅介護の可能性~
  • ココナッツオイルを用いた排便コントロール
  • ボランティアの皆さまへ、感謝の気持ちを伝えます。
    ~ありがとうを伝えるための様々な取り組み~
  • 善仁会グループ透析患者情報のまとめ
  • 特定保健指導の初回面談実施日の違いが結果に与える影響について
  • 乳房自己検診意識調査アンケートからわかること
  • マンモグラフィにおける受診者、読影側にとって最適な条件の検討
  • 乳がん症例における乳房超音波検査とマンモグラフィ検査所見の比較検討
  • 家族性高コレステロール血症と推察される健診検体の電気泳動法の結果
  • プロカルシトニン(PCT)測定キット『ラピッドチップPCT 』の検討
  • 外来透析患者のprotein-energy wasting(PEW)の特徴とその対策についての考察
  • 透析患者の理学療法介入によるADL 改善と転帰先動向の検討
  • 当クリニックにおけるベッドネームの活用
  • ABH-PA シリーズにおける基本性能とTMP値の検討
  • エムラ®クリームにおける用法・用量の検討

このページの上部へ



医療法人社団 善仁会 Copyright(c)2004-2009 ZENJINKAI GROUP All rights reserved.