心のかよう医療・福祉を 患者さま、お客さまへ。私たち善仁会はお客さまに思いやりの心で接する 医療・福祉のプロ集団です

2007年 善仁会研究報告会

善仁会では、各施設が毎年独自の研究テーマに取り組み、その発表の場として年1回「善仁会研究報告会」を開催しています。 2007年の「第29回 善仁会研究報告会」では以下の研究内容が発表されました。

  • 穿刺針選定のための一指標作成
  • 日機装社製透析支援システム FutureNet II を用いた経過表ペーパーレス化に向けた一検討
  • プライミング補助を利用した返血を試みて
  • 透析指標と栄養指標の関係
  • デジタルカメラ画像を利用したバスキュラーアクセス管理表の作成
  • 善仁会患者情報のまとめ
  • 地域連携医療への取り組み~訪問看護師によるPD患者への在宅指導・在宅管理~
  • 入浴ケアの見直し~これからのユーアイビラ~
  • ユニットケアを実践して
  • 研修制度導入における成果(結果)と課題
  • 血液透析患者固有の検査基準範囲設定と検査制度保証の問題点
  • 穿刺針ゲージ数の違いによる透析効率への影響
  • リクセル使用7年間の症例検討
  • メディキット社製ペインレスニードルの使用経験
  • 透析条件変更によるエリスロポエチン投与量の変化
  • 動脈表在化におけるブリードセイフ使用経験
  • 生菌数試験による透析液供給側ラインフィルターの交換・洗浄の検討
  • 無床透析クリニックと病診連携
  • 抜針離脱は当院の災害時離脱方法として適切であるか
  • 当院におけるフットケアの現状(第二報)
  • インフルエンザ予防のための透析室におけるN96マスクの使用~第二報~
  • KYTを取り入れた医療安全プログラムの構築
  • キセノン治療器によるシャント肢疼痛軽減効果の検討
  • 供給タンク薬液システムの使用経験
  • 心拡大透析患者における心エコー有用性の検討
  • 静脈圧は血液ポンプ流量に影響を与えているか

このページの上部へ



医療法人社団 善仁会 Copyright(c)2004-2009 ZENJINKAI GROUP All rights reserved.