心のかよう医療・福祉を 患者さま、お客さまへ。私たち善仁会はお客さまに思いやりの心で接する 医療・福祉のプロ集団です

先輩看護師へのインタビュー Vol.1

写真:総合健診センターヘルチェック 看護師 佐伯愛

スタッフの皆さんにやさしく受け入れていただき、安心してスタートできました

知らない土地でも頑張れた

写真:看護師 求人情報仙台で病院に勤務していましたが、結婚して転居。インターネットでヘルチェックの看護師募集に応じました。健診センターで働きたいと思ったのは勤務時間の点で仕事と家事の両立が可能だと思ったからです。横浜西口センターに4年勤め、昨年暮れに新設のファーストプレイス横浜に異動しました。

採血、血圧測定、医師診察時の介助などが主な仕事です。初めての土地で知り合いもなく不安でしたが、先輩や同僚の皆さんにやさしく受け入れていただき、安心して仕事に取り組むことができました。後に、この人に対するやさしさは善仁会全体に浸透している基本姿勢だと思うようになりました。徐々に責任ある仕事を任されるようになり、3年目に副主任に昇格、現在は主任を務めています。


写真:看護師 募集

常に仕事を見直し、改善する

健診センターは、ほとんどの場合年に1回、半日くらいしかそのお客さまと顔を合わせることができません。限られた時間の中で最高のサービスを提供し、気持ちよくお帰りいただければといつも思っています。胃のバリウム検査中にご気分が悪くなったお客さまから後日「介抱していただき、ありがとうございました。またお世話になります」というお葉書をいただいたときは、ジンときました。

ヘルチェックは品質保証の国際規格ISO9001を取得したこともあり、常に仕事の見直し・改善に向かって努力しています。CS(顧客満足)をテーマにした研修や、業務の標準化(誰でも均質のサービスが提供できるようにすること)に関する勉強会はその一例です。職場のコミュニケーションがうまくいっているので、何か問題があればすぐ集まって解決に取り組みます。

私にとって、知識と技術を最大限に発揮して相応の対価が得られる状態こそ「プロフェッショナル」だと思いますが、そのために人間性を磨き、より広い知識と高度な技術を身につけ、お客さまの健康管理に貢献したいと思っています。

家事と仕事を両立している看護師がたくさん働いています。勉強会も定期的に実施しスキルアップを目指しながら皆で頑張っています。一緒に働きましょう。


このページの上部へ


  • 思いやりエキスパート制度

医療法人社団 善仁会 Copyright(c)2004-2009 ZENJINKAI GROUP All rights reserved.