MENU
文字サイズ
標準
背景色

CLOSE

病院紹介

ごあいさつ

慢性腎臓病を中心に「思いやりの心で接する医療」に努めます。

写真:横浜第一病院 院長 大山 邦雄 横浜第一病院は慢性腎臓病の初期から末期まで、診断と保存的治療から各種血液浄化療法および高血圧、糖尿病、呼吸器疾患、心不全などの合併症の治療まで、幅広く、総合的な腎疾患の診療を目指して、昭和57年に開院しました。
以来、最新の腎疾患診療を目指し、腎臓内科、透析医療、泌尿器科、血管外科等の各専門医をそろえ、すべての腎疾患診療、血液浄化療法、バスキュラーアクセスの作製などの充実に努めております。

現在、腎臓病診療は、いかに透析導入せずに保存的に腎機能を維持するか、そして、透析導入された後は、いかに社会生活と日常生活の活動性を十分に保つかを目標にしています。当院でもこの目標に向かって、最大限安全安心で全人的な医療を提供いたします。そのために、腎臓内科、泌尿器科以外にも一般内科、糖尿病内科、循環器内科、消化器内科、神経内科、整形外科などの権威ある専門医を招いて専門外来を設置しております。特に当院バスキュラーアクセスセンターは、数多くの重症ブラッドアクセス不全の患者さまを受け入れて、PTA(年間約3,000例)とシャント手術(年間約1,000例)などで活発に活動しています。さらに当院では、透析患者さまのニーズに応え、効率の良い透析療法を提供する為に深夜の長時間血液透析を実施しています。

現在の医療は患者さま中心のチーム医療が前提です。様々な医療専門職員が患者さま中心にチームを作って安全安心な医療を提供しなければなりません。その為には、何よりも患者さまから信頼される病院として、職員一同、人と人との信頼関係を創り育てるために笑顔と挨拶、そして思いやりのある会話に努めてまいります。このように、信頼関係を基盤に患者さま中心のチーム医療を提供することで、患者さまが安心で心地よい環境の病院でありたいと考えております。

最後に、全ての腎臓病の患者さまの健康を取り戻す為に、当院とともに、この地域の医師会の先生方や多くの病院と親密な医療連携お願いしなければなりません。
どうかこれまで以上のご指導、ご支援を宜しくお願い申し上げます。

横浜第一病院
院長 大山 邦雄