リハビリテーション

リハビリと言っても
実はさまざま。

老健や通所でのリハビリテーションは在宅復帰や在宅生活の維持へつなげる役割を担っています。ご自宅に帰るために必要な動作やご自宅で困っていること、今後できるようになりたいことなどをお聞きし、目標を決めていきます。また、体を動かすだけではなく認知機能や言語訓練なども必要に応じて訓練を行っていきます。

リハビリ事例のご紹介

ご利用者さまの生活機能に応じて行っているリハビリの事例をご紹介します。

機能回復訓練

日常生活動作に必要な立つ、歩く、座るなどの動作訓練や必要に応じて家事や仕事などの日々の活動を取り戻すためのリハビリを行います。

老健や通所リハビリでは、日常生活そのものがリハビリとなります。ハートフル瀬谷では、介護士とも協力しリハビリ以外の日常生活においてもご自身で行えることが増やせるように多職種でサポートしていきます。

認知機能訓練

ご利用者さまの現在の認知機能を評価し、必要に応じて認知機能訓練を行います。日付の確認や手作業、学習課題など興味のあることや意欲的に取り組める課題を相談しながら実施していきます。その他にも体と頭を同時に使う課題などご利用者さまにあった難易度の訓練を検討し提供していきます。

摂食嚥下・言語訓練

舌や喉などの運動障害、失語症などによりうまく話せない、言葉がでてこない方に対しての言語訓練や、食べることや飲み込むことに問題を生じた方など、ご利用者さまの状態を把握して、それぞれの方にもっとも適切な訓練プログラムを作成・実施します。

リハビリ内容の決定方法

ハートフル瀬谷では、日常生活動作(ADL)の向上、寝たきりの防止、家庭復帰を支援するため、リハビリテーションプログラムの内容を医師、看護師、ケアワーカー、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、ケアマネジャー等が共同で作成します。
こちらでは、その内容決定までのフローをご紹介します。

1 利用開始の相談

主治医からの医療情報提供書、ご家族との面談等を通してご利用者さまの現在の状況を確認いたします。

2 カンファレンス

収集した情報をもとにカンファレンスを実施します。カンファレンスは医師・看護師・理学療法士ら多職種で実施し、ご利用者さまお一人おひとりに合ったリハビリプランについて検討します。

3 計画書の作成

話し合いにより決定したリハビリ内容をもとに計画書を作成します。

計画書をもとにリハビリを開始しますが、実施した際のご様子や実施後の生活でのご様子を情報共有し、都度見直しを行いながらご利用者さまが前向きに取り組めるようリハビリを続けます。

リハビリQ&A

A

お一人おひとりの身体の状況に合わせて、運動の種類、運動時間をオーダーメイドで提供しています。マシーンを使った機能訓練や買い物など生活動作を想定した訓練、楽しく話すための言語訓練など、さまざまなリハビリができるようご用意しております。

A

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の3職種が在籍しており、身体機能や認知機能の向上だけでなく、言語機能口腔機能の向上など、幅広くリハビリを提供することができます。

A

医師より集中的なリハビリが必要と判断した方は、新規利用開始日から3か月間は毎日リハビリが可能です。条件もございますのでお気軽にお聞きください。

一覧を見る
わたしたちの取り組み 人工透析患者さま対応

Contact

ご見学・お問い合わせ

介護老人保健施設「ハートフル瀬谷」では、お電話・WEBでのお問い合わせを随時受けつけております。ご希望の方はお電話か下記フォームより、お気軽にお問い合わせください。