心のかよう医療・福祉を 患者さま、お客さまへ。私たち善仁会はお客さまに思いやりの心で接する 医療・福祉のプロ集団です

2006年 善仁会研究報告会

善仁会では、各施設が毎年独自の研究テーマに取り組み、その発表の場として年1回「善仁会研究報告会」を開催しています。 2006年の「第28回 善仁会研究報告会」では以下の研究内容が発表されました。

  • 潰瘍性大腸炎再燃患者におけるGCAP・LCAPの治療効果
  • 透析業務におけるインシデントの傾向と対策
  • マルチメディア教材による機器操作教育
  • 血液回路内生食抜液方法の検討
  • LDL吸着治療中に血圧低下をきたす一症例
  • 透析室におけるHIV感染対策の実際
  • シートチェック-R2Aの使用経験
  • 血液透析患者用止血器(ブリードセイフ)による止血方法の評価
  • バイオインピーダンス法はDWの指標として有用か
  • 過酢酸洗浄剤クリネード502の使用経験
  • 平成18年度研修カリキュラム変更内容説明及び実施状況報告
  • ラインフィルターの形状が透析液に与える影響
  • 鉄剤の併用投与がもたらすエリスロボエチン製剤減量の効果
  • 善仁会患者情報のまとめ
  • エリスロボエチン製剤適正投与推進プロジェクト活動報告
  • QOL向上を目指して〜まずは座位保持から〜
  • 末期肝硬変を伴った通院透析患者の看護
  • 糖尿病透析患者のフットケア
  • 当院におけるシャント管理とブラッドアクセスセンターとの連携の現状
  • 腎性貧血に対する十全大補湯のエリスロボエチン節約効果の検討
  • 自動血圧計(バイタルセンサ:TM-2551)の使用経験
  • 日機装社製透析通信システムFuture Net II 導入後のインジデントの検討

このページの上部へ



医療法人社団 善仁会 Copyright(c)2004-2009 ZENJINKAI GROUP All rights reserved.