心のかよう医療・福祉を 患者さま、お客さまへ。私たち善仁会はお客さまに思いやりの心で接する 医療・福祉のプロ集団です

先輩 放射線技師へのインタビュー

写真:総合健診センター「ヘルチェック」ファーストプレイス横浜 放射線技師 鈴木百合子

医師としてのキャリアアップが図れる職場です

患者さんではなく、お客さま

写真:放射線技師 求人情報私の前職は病院で、救急患者さんなど突発的な事態に臨機応変に対応しなければならず、忙しい毎日を送っていました。前職を辞め、しばらく休んでいたときにヘルチェックの募集広告を見て応募、入職しました。現在、主任として働いています。

ここで最初に言われたことは、「健診センターに来られるのは患者さんではなくお客さまである」ということでした。今まで患者さんと接してきただけに戸惑いましたが、早速頭を切り換えました。健診の仕事が撮影だけではなく、CS(顧客満足)にも気を配らなくてはいけない仕事だということが次第に分かってきました。


写真:放射線技師 採用情報

自分の力が発揮できる職場に満足

健診センターで放射線技師が行うのはX線撮影とCTスキャン検査です。X線撮影には胸部レントゲン撮影や胃のバリウム検査のほか、女性技師活躍の場となっているマンモグラフィ(乳房のレントゲン撮影)があります。バリウム検査やマンモグラフィ検診はお客さまにとって苦痛を伴うことがあり、それをいかにリラックスして受けていただくかが課題です。私たちはいつもお客さまの声に耳を傾けながら改善に努めています。

放射線技師の仕事は学校で知識を学んだだけでは成り立たず、現場での技術的な実践を通じて初めて習得できます。胃のバリウム検査など段取りの多い検査では、実際に自分が検査を行っているところを新人に見せ、聞かせて覚えてもらいます。時には自分たちが実験台になって新人の訓練を行うこともあります。

ここ数年、外部の研修に技師が交代で出かけ、持ち帰った情報をみんなで分かち合うことも多くなりました。自分の意見を言える環境もあり、ここで働くことができて本当に良かったと思っています。まだまだ未熟ですが、プロを目指して努力し、勉強と経験を積んでいきたいと思います。

笑顔あふれる明るい職場です。家事と両立しながら技師としてのスキルアップもできます。一緒に楽しくスキルアップしませんか?


このページの上部へ


  • 思いやりエキスパート制度

医療法人社団 善仁会 Copyright(c)2004-2009 ZENJINKAI GROUP All rights reserved.