MENU
文字サイズ
標準
背景色

CLOSE

MRI・CT

MRI・CTについて

MRIについて

MRIについてMRIとは、(Magnetic Resonance Imaging:磁気共鳴画像診断装置)の略で、強い磁石と電波を利用して体内の状態を断面像として描写する検査です。

CTについて

MRIについてCTとは、(Computed Tomography:コンピュータ断層診断装置)の略で、X線検査と同様のX線を利用して体内の状態を断面像として描写する検査です。

どちらで検査をするのが良いの?

CTとMRIはたとえ検査部位が同じであったとしても、その中で更に見たい病変によって得意不得意があります。どの検査が最適なのかは、まさに症状や病変によってさまざまとなります。

当クリニックでは、医師との相談のもとで、患者さまに正しい検査を行って頂いております。ご不明点ございましたらお気軽にご相談下さい。

MRIとCTの違いとは?

外観が良く似ていると言われますが、全く異なる医療機器です。また得意不得意も検査部位に寄ってさまざまですので、目的に応じて使い分ける事が大切になります。

CTMRI

撮影の原理

X線を使用。

各組織のX線の吸収差を画像化

磁気を使用。

磁石と電磁波を利用して体内の水分子の動きを画像化

X線被曝

あり

なし

撮影方法
CT
従来の横断面        D立体画像

目的の部位を一気に撮影して3次元的データとして取り込み、その後従来の横断面をはじめ、必要に応じた任意の断面に切り出すように再構成を行う。

分かりやすい3D立体画像などの構成も可能。

一度取り込んだ部位の撮像データは骨や内臓など目的に合わせて最適の見やすさにあとから再構成しなおすことが出来るので、撮影部位を色々な方向から把握することが可能。

MRI

観察したい任意の断面を予め設定して撮影していく。同じ断面を違う撮影方法で複数回撮影していくことで、目的部位のコントラストの違いから病変の成分や変化を観察することが可能。

画像特長

空間分解能に優れる。

細かな部分まで明確に観察可能。

コントラスト分解能に優れる。

内臓、脂肪、筋肉、骨、腱などを濃淡としてはっきり把握し観察可能。

造影剤使用について

造影剤を使用することでコントラストを補い、更に細かな部分や動的観察が可能。

MRI

造影剤を使用せずに血管、管腔撮影が描出できる。

造影剤を使用することで更に目的に応じた細かな観察が可能。

撮影時間

短い(3~5分程度)

長い(15~30分程度)

長所

撮影時間が短い

3次元データとして一気に撮影可能

放射線被曝を伴わない

造影剤を使用せず、血管、管腔を描出可能

短所

放射線被曝を伴う

撮像時間が長い(体動の影響を受けやすい)

ペースメーカーを始め、体内に金属が埋め込まれている人は検査が出来ない場合がある

閉所恐怖症の人は撮影困難な場合がある

撮影時の音が大きい

その他画像について
CT

X線吸収差の大きい骨、空気が明瞭。肺の描出に優れている

石灰化の描出が明瞭なので血管の石灰化や色々な場所の結石など可能

出血が分かりやすいので急性期の脳出血など明瞭に観察可能

MRI
椎体(頚椎)           骨盤  

脂肪、筋肉、骨、腱などが明瞭に観察できるので整形領域の撮像を得意とする。また骨盤内の描出も優れている

骨は観察可能だが石灰化は無信号

急性期の脳梗塞など得意とする

造影剤を使用せずに血管を描出したり、水強調画像により胆道胆嚢、尿路、脊髄腔など描出が可能。

MRI検査の画像ができるまで。

  • 1筒状の機器の中に入り検査を行います。
  • 2人体には無数の水素原子核が存在し、自然状態では体内の水素原子核はそれぞれバラバラな方向を向いています。
  • 3そこに強力な磁場を与えると、水素原子核は一斉に一方向に向きます。
  • 4そこに電波(=RFパルス)を当てると水素原子核は一斉に、ある特定の方向を向きます。= 磁気共鳴現象
  • 5電波を切ると水素原子核は、②の状態に戻ります。= 緩和
    この時の体内組織によって異なる水素原子核の戻り方の緩和差を画像にします。

CT検査の画像ができるまで。

  • 1ドーナツ状の機器の中を寝台が通過し検査を行います。
  • 2その時にドーナツ状内部のX線を照射する部分が寝台の周りを回転しながらX線を照射します。
  • 3その人体を通過したX線量の差を、情報としてコンピュータ解析し画像にします。